[ホーム] > [事業活動] > [対外交流事業]

対外交流事業

 対外交流は總商会の基本機能の一つです。対中国、対海外華僑界および日本経済界との様々な交流活動を通じて、日中の経済交流または日本と海外華僑界との架け橋の役割を果たし、会員のビズネスネットワークやビジネスチャンスの拡大に寄与しています。

(1)中国との交流事業

毎年に本会会員を主体とする中国視察団を組織し、中国中央政府や関連団体、地方政府や地域団体および企業と幅広い交流を行います。

中国各地からの訪日団と本会会員や各地商会との交流を企画・実施し、投資説明会等の在日活動をサポートします。

(2)海外華僑団体との交流事業

在日華僑華人の代表的な経済団体として、二年に一度の世界華商大会に本会会員を主体とする代表団を組織して派遣し、世界中の華僑との交流を行います。

香港、タイ、シンガポールをはじめとする海外各地の中華總商会や華僑経済団体と定期的な相互交流を行い、本会会員のみならず、日本経済界との橋渡し役も務めます。

總商会的足跡

(3)日本経済界との交流事業

毎年正月明けてから中国旧正月(春節)の間に、新春賀詞交換会を兼ねて迎春会を開催し、日本政府や関連団体、企業などの関係者との年賀と交流を行います。

二年に一回に華商経済フォーラムを開催し、日本政府機関や関連団体、企業と日中間の経済テーマを中心に議論や交流を行います。

商工会議所、経団連、経済同友会など日本経済団体と定期的に交流活動を開催し、互いに興味のあるテーマや話題について意見交換を行います。

Copyright(c) 2020 CCCJ All rights reserved